トップ > Action Script 2.0 > デバッグのコツ

デバッグのコツ

フラッシュを作るとき、ローカルで動作確認している時は正常に動いていても、WEB上で見ると動作しなかったりする経験とかって、きっと皆さんありますよね?

原因は相対パスとか何でもない時があったりと、当たり前、という概念が逆に気づきにくい状態を作り出したりしています。

まぁ、そんな時は仕方が無く、変数の数値とかを表示させたりとかしてWEB上でデバッグしたりするんだけども、

http://www.fladdict.net/blog-jp/archives/2005/06/swf_2.php

こちらのサイトに画期的な良い方法が書いてありました。

トレース使う代わりに、アウトプットしたい情報をクリップボードに送れ!!

目からうろこ。

System.setClipboard([テキスト]);

これですね。

これでWEB上のデバッグも少しは楽になるー。

この記事をブックマークしておく

コメント:0

コメント投稿

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

この情報を記憶する

トップ > Action Script 2.0 > デバッグのコツ

記事検索
カテゴリ
RSSフィード

このページの先頭へ戻る