トップ > 独り言 > AS3 を振り返る

AS3 を振り返る

約1ヶ月半、AS3 をちまちま触ってきたのだけども、やっぱり慣れれば何とか覚えていくもんだ。

ちょっとした感想を述べさせてもらうと、AS3 だからといって、そう大きく変わるわけではない。ただ、ほんの少し記述ルールが変わるだけ。もちろん、AS3 を覚える途中で何度もハマったりした。でも、結局、それらのハードルを越えていかない限り、AS3 を理解することはできない。理解すれば、さらに AS3 の世界が広がっていく。ハマればハマるほど、大きく成長していく。これは別に AS3 に限ったことではなく、クリエータであれば、誰もが経験する道。

ついには、HTMLのコーディングをしている時に、strong タグを 無意識に string と記述している自分に気づき、思わず「やるな、俺」と微笑ましく思いつつもゲンナリする日々も送っていた…orz

もちろん、AS2 の曖昧さという魅力も捨てきれない部分があって、仕事で Flash 案件などがあった場合は、いまだに AS2 で主に開発しているのだが、これが AS3 だったら…、と思う時もある。仕事でも AS3 を使った方が良い場合は、迷わず、AS3 で開発を進めていくと思うけども、まだ、そう経験値が多いわけではないので、AS2 で問題がなければ、そのまま AS2 を利用してしまう。

いまはまだ AS2 と AS3 をうまく使い分けている感じ。

そのうち、何でも AS3 でサクサクと仕事もこなしていきたいものだ…。

この記事をブックマークしておく

コメント:0

コメント投稿

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

この情報を記憶する

トップ > 独り言 > AS3 を振り返る

記事検索
カテゴリ
RSSフィード

このページの先頭へ戻る