トップ > WordPress > WordPress を見直す - ブログから更新ツールへ

WordPress を見直す - ブログから更新ツールへ

個人的にブログの CMS は、Movable Type の方が経験値が高いのだけども、web の案件などでブログがある場合は、WordPress を利用することが多い。もちろんライセンス料の差が一番の理由でもある。WordPress でも機能的に何も問題がないからねー。

実は、あまり WordPress に対して良い印象を持っていなかったりしていたんだけども、最近、いろいろと調べる機会があって、ようやくWordPress の魅力が分かるようになってきた。

WordPress 日本語

特に案件で利用する場合、ブログを投稿する担当者は、web リテラシーがそれほど高くない人のケースが多い。

そこで、管理画面の使わない機能やボタンなどはすべて非表示にしちゃったりする。WordPress の場合、CSSで「display: none;」にしたり、PHPの該当箇所をコメントアウトしてしまったりすると、管理画面がものすごくシンプルですっきりできる。

こうやってカスタマイズしておけば、操作ミスや変なところを触って設定をおかしくしたりできなくなるというわけ。結構便利。

もちろん、担当者の知識やスキルも向上して「こういうことがやりたい」という要望がでてくれば、先の機能を復活させると要望を実現させることができたりもする。

こんな感じで、ありとあらゆる所に手を加えられるカスタマイズ性は、対クライアントというケースの場合にかなり有効なメリットが多いと思う。

それで、また今回の話にもどるんだけども、本当は、最新バージョンの WordPress 2.7.1 (2009/02現在)が使えれば良かったんだけども、今回使用するサーバーの MySQL のバージョン が 3.x になるため、泣く泣くアップグレードに伴う更新が既に休止してしまっている WordPress ME をインストールすることに…orz

今回の用途としては、ある程度フォーマットが決まっているトピックス系コンテンツの更新となるため、カスタムフィールドを利用しようかなと思っていた。こんな便利なプラグインも見つけていたので。

Custom Field GUI Utility - WordPress プラグイン

バージョンも問題が心配ではあったのだけども、一応 WordPress ME でも利用できることを確認。ただ画像のアップロードはさすがに無理だった…。

仕方がないので、WordPress ME の既存のアップローダーをそのまま使い、アップロードした画像を該当項目のフィールドにドラッグ&ドロップすると画像の URL が入力できるので、この方法で対応することにした。

もちろん、通常のエントリー枠や余計な機能はすべて非表示に。

ちなみに「Mobile Eye」というプラグインを使用すれば、携帯でも閲覧することが可能となる。

Mobile Eye+ Version 1.3
Mobile Eye+ パッチ
【注意】作者による開発がストップされておりますが、不具合等も多いままとなっているため、パッチが配布されています。こちらと合わせてお使い下さい。(情報提供:ゆりこ様)

ブログではなく、普通の運用更新ツールみたいな感覚で利用できてしまうのがめっちゃ好印象。ちょっと保存ボタンの位置が微妙になってしまうのだけども、それは愛嬌ということで(笑

この記事をブックマークしておく

コメント:8

ゆりこ 2009-02-15 (日) 12:19

MySQL 3.23 というサーバーがまだあるんですね……。

さて、Mobile Eye+ を紹介されていますが、これは1年以上更新がないにかかわらず、XSS 脆弱性を始めとして多数の不具合が見つかっています。残念ながら作者による修正が望めないため、独自にパッチを開発・配布(*)していますので、こちらも紹介されることをおすすめします。
(*) http://www.yuriko.net/dist/mobile-eye-patch/

作者による配布パッケージのまま素で使うのは危険です。この投稿を鵜呑みにして Mobile Eye+ を設置しただけですと、脆弱性のあるサイトができてしまいます。このような状況は望ましいと言えませんので、よろしくお願いしいます。

ヒカルツカサ 2009-02-15 (日) 14:35

>ゆりこさん
コメントありがとうございます!
そうなのです、まだあるんですよね…MySQL 3.23(汗
また、Mobile Eye の有益な情報ありがとうございます!脆弱性についてはまったくの未調査でした…(汗
早速記事の方にも追記しておきたいと思います。
ありがとうございました!!!

ゆりこ 2009-02-18 (水) 20:55

訂正ありがとうございます。MySQL 3.23 があるのはちょっと悲しいですね。PHP がまだ 4.x なのよりも手強いでしょうか。


Mobile Eye+ は1年以上前に更新が止まってしまったのに、まだまだ需要があるのが実に不思議です。最終更新日を気にしない人が多いのかもしれませんね。

ヒカルツカサ 2009-02-18 (水) 21:05

>ゆりこさん
Mobile Eye は一足先に有名になってしまって需要が多いのでしょうかね?他に良いプラグインがあればそちらを利用したいとも思っているのですが…。
そういえば、ゆりこさん自身でも「Ktai Style」というプラグインを開発されているようですね。まぁ・・・PHP5以上ということで、今回はサーバースペック的に利用不可なのですが・・・(汗
次回機会がありましたら是非利用させていただこうと思っています!

ゆりこ 2009-02-20 (金) 00:54

>Mobile Eye は一足先に有名になってしまって需要が多いのでしょうかね?

たぶんそうだと思います。導入事例も比較的多く見つかるため、それを参考にしている方がおられるのでしょう。
Ktai Style は、Mobile Eye+ に不満があったので作り始めたものですが、ライバルが滞っている間に追い抜いてしまいました ;-) 「PHP4 → 5 移行を促すためのキラーアプリ」という裏目的もあるため、PHP4 への対応予定はありません。ごめんなさい。

現在もメンテナンスが続いていて PHP4 でも動くものは MobilePressNEO (http://linux.matchy.net/archives/38) がありますが、かなり機能が簡素化されているので、Mobile Eye+ の代わりに使おうという人は少ないようです。

あとは、海外製の携帯対応プラグインがいくつかありますが、当然ながら UTF-8 → Shift_JIS 変換はされないので、3G 携帯でないと閲覧できません。逆に言うと、3G だけ対象にしていいならば、海外製プラグインでもよいかもしれません。

ヒカルツカサ 2009-02-23 (月) 09:07

>ゆりこさん
なるほどです。携帯対応プラグインというのもいろいろあるのですね。
確かに総合的に見てみると、PHP4であれば、Mobile Eye+ は安定した機能を備えている感じですね。
PHP5であれば、Ktai Style でより良いプラグインが使えるということですねー。
諸々の情報、ありがとうございます!!

ゆりこ 2009-02-24 (火) 02:25

>Mobile Eye+ は安定した機能を備えている感じですね。

そう言いたいところなんですが、独自パッチで相当な修正を入れてます通り、素の Mobile Eye+ は、あまり安定しているとは言い難いです。大きな *爆弾* として、「URLGATE 機能が使う外部サービスでアダルト広告が出る場合がある」というのがあります。附属ドキュメントや設定画面で警告されないので、知らずに使うと、閲覧者にそういう広告を見せてしまうおそれがあるという、「万人に安心してすすめられるプラグイン」ではないのが残念なところです。XSS 脆弱性も発見された現在では、拙作のパッチなしには Mobile Eye+ は「使ってはならない」状態になってしまいました。

ヒカルツカサ 2009-02-24 (火) 09:30

>ゆりこさん
確かにそうですね。安定というか、PHP4 だとどうしても Mobile Eye+ になってしまっちゃう、という感じですかねー。気を配りながら注意して使う必要があるということですねー。

コメント投稿

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

この情報を記憶する

トップ > WordPress > WordPress を見直す - ブログから更新ツールへ

記事検索
カテゴリ
RSSフィード

このページの先頭へ戻る