トップ > Action Script 3.0 > Flash CS4 の新機能、ボーンツール(IK)を使ってみた

Flash CS4 の新機能、ボーンツール(IK)を使ってみた

Flash CS4 をインストールして約1ヶ月半。ようやく CS4 の新機能を試してみることに。

まずはちょっと気になっていたボーンツールから。

このサイトをご覧頂くには最新の Flash Player Plug-in をお使いのブラウザにインストールする必要があります。
Flash Player Plug-in はこちらからダウンロードする事が出来ます(無料)。

※ドラッグして動かせます。
flaファイルはこちら(Flash CS4 形式)

ボーンツールの使い方は思ったより簡単。

ボーンツールを選択して、

各シンボル上でドラッグしてボーンを生成していくだけ。これだけで各シンボルが連結して連動した動きを表現できるようになる。

ボーンツールを使用するとレイヤーがアーマチュアと呼ばれるものに自動変換してくれる。このレイヤーを選択してプロパティパネルを見ると設定が表示される。

ここで種類を「実行時」にするとスクリプトを記述することなくボーンをドラッグできるようになる。

あと、Adobe - デベロッパーセンター : ボーンツールを活用したインタラクションの作成を参考にマウスに追従するスクリプトを組み込んだサンプルがこちら。

このサイトをご覧頂くには最新の Flash Player Plug-in をお使いのブラウザにインストールする必要があります。
Flash Player Plug-in はこちらからダウンロードする事が出来ます(無料)。

ボーンツールは基本的にはキャラクターや機械系のアニメーションに特化している感じなのかな?

なんかアイディを練ってスクリプト制御で面白いコンテンツを作ってみたいもんだ。まぁそのうち面白いアイディアが浮かんだら試してみよう。

ボーンツールに関する参考サイトは以下より。

Adobe - デベロッパーセンター : ボーンツールを活用したインタラクションの作成
ボーンツールの基本から応用までの解説。サンプルファイルもアリ。
Adobe CS4 わたしたちが届けたいコト
ちょっとした面白いコンテンツの作成手順をビデオで解説。サンプルファイルもアリ。
flash CS4 体験版(英語)を体験してみた。|_level0.KAYAC
ボーンツールの簡単なアニメーションテクニックと解説。
Flash CS4英語体験版でボーンツールを使ってみる | alt
ボーンツールの簡単なサンプルを公開。
Flash CS4 ボーンツール(IK) | 絵を描いてみる
キャラクターアニメーションのチュートリアル。
FLASH:CS4のボーンツールためしてみる
シンボル・シェイプなどのパターンでのビデオ解説。
[Think IT] 第3回:乗り換え必須!Flash CS4新機能徹底解剖 (3/3)
ボーンツールの簡単なサンプルと解説。サンプルファイルもアリ。
[Think IT] 第2回:Flashの新機能、IKって何? (1/1)
ボーンツールの解説。
YouTube - IKボーンツールを使ってヘビの動きを再現
ボーンツールのビデオ解説。
ボーンツールでなびく髪を描く
髪の毛アニメーションのサンプル。
Controlling IK with ActionScript | Flash Player 10
ボーンツールでの Action Script でのアニメーション制御サンプル。
【レビュー】「Adobe Flash CS4」新機能徹底レビュー 前編 (2) インバース・キネマティクスで、より自然な関節表現が可能に | クリエイティブ | マイコミジャーナル
ボーンツールの基本解説。
Adobe - Flash CS4 tutorial : インバースキネマティクス
ボーンツールの詳細解説。

この記事をブックマークしておく

コメント:0

コメント投稿

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

この情報を記憶する

トップ > Action Script 3.0 > Flash CS4 の新機能、ボーンツール(IK)を使ってみた

記事検索
カテゴリ
RSSフィード

このページの先頭へ戻る