トップ > Papervision3D 2.0 > Papervision3D 2.0 でオブジェクトにライトを当ててみる(PointLight3D)

Papervision3D 2.0 でオブジェクトにライトを当ててみる(PointLight3D)

PV3D には PointLight3D クラスが用意されており、その名の通り、ライト(光源)を配置することができる。ライト(光源)があることにより、オブジェクトに明るい部分と暗い部分(影)の表現が可能となる。

このサイトをご覧頂くには最新の Flash Player Plug-in をお使いのブラウザにインストールする必要があります。
Flash Player Plug-in はこちらからダウンロードする事が出来ます(無料)。

※マウスの位置に合わせてオブジェクトが動きます。
※右上の黄色のオブジェクトが光源になります。

上記サンプルを見て分かるようにライトの右上が明るくなり、逆方向の左下に影ができると思う。こんな感じでより臨場感のある表現が可能となる。

ライトを設置するためには


pointLight = new PointLight3D(true);
pointLight.x = 500;
pointLight.y = 300;
pointLight.z = -100;
scene.addChild(pointLight);

↑このような感じで、PointLight3D を生成して座標を設定し配置する。
ちなみに、new PointLight3D(true) の引数である true はライトのオブジェクトを表示するかどうか。true だと上記のサンプルのように黄色のオブジェクトが表示される。false にするとライトのオブジェクトは非表示となる。

また、ライトを設置してオブジェクトに表現するためには、専用のマテリアルを適用させる必要がある。


var materials1:MaterialsList = new MaterialsList
({
	all : new GouraudMaterial(pointLight, 0xCCCCCC, 0x333333)
});
cube1 = new Cube(materials1, 300, 200, 100);//Cube生成
cube1.x = 250;
obj3D.addChild(cube1);

↑マテリアルは ShadeMaterials の GouraudMaterial で指定させる。
new GouraudMaterial(ライトオブジェクト, 明るい部分の色, 暗い部分の色) という感じで指定すればOK。

全ソースは下記。


package
{
	import flash.display.*;
	import flash.events.*;
	import flash.geom.*;
	import caurina.transitions.Tweener;
	//Papervision3D 2.0.883
	import org.papervision3d.scenes.Scene3D;
	import org.papervision3d.cameras.Camera3D;
	import org.papervision3d.view.Viewport3D;
	import org.papervision3d.render.BasicRenderEngine;
	import org.papervision3d.objects.primitives.*;
	import org.papervision3d.objects.DisplayObject3D;
	import org.papervision3d.lights.PointLight3D;
	import org.papervision3d.materials.shadematerials.GouraudMaterial;
	import org.papervision3d.materials.utils.MaterialsList;
	public class Main extends Sprite
	{
		public var main:MovieClip;
		private var scene:Scene3D;
		private var camera:Camera3D;
		private var viewport:Viewport3D;
		private var renderer:BasicRenderEngine;
		private var pointLight:PointLight3D;
		private var obj3D:DisplayObject3D;
		private var cube1:Cube;
		private var cube2:Cube;
		/*============================================================
		コンストラクタ
		============================================================*/
		public function Main()
		{
			init();
			init3D();
		}
		/*============================================================
		初期設定
		============================================================*/
		public function init():void
		{
			//ステージ
			stage.showDefaultContextMenu = false;
			stage.scaleMode = StageScaleMode.NO_SCALE;
			stage.align = StageAlign.TOP_LEFT;
		}
		/*============================================================
		3D処理
		============================================================*/
		public function init3D():void
		{
			scene = new Scene3D();//シーン
			camera = new Camera3D();//カメラ
			renderer = new BasicRenderEngine();//レンダラー
			viewport = new Viewport3D(0, 0, true);//ビューポート
			viewport.opaqueBackground = 0x000000;//背景色
			addChild(viewport);
			
			//ライト
			pointLight = new PointLight3D(true);
			pointLight.x = 500;
			pointLight.y = 300;
			pointLight.z = -100;
			scene.addChild(pointLight);
			
			//obj3D生成
			obj3D = new DisplayObject3D();
			scene.addChild(obj3D);
			
			//オブジェクト1
			var materials1:MaterialsList = new MaterialsList
			({
				all : new GouraudMaterial(pointLight, 0xCCCCCC, 0x333333)
			});
			cube1 = new Cube(materials1, 300, 200, 100);//Cube生成
			cube1.x = 250;
			obj3D.addChild(cube1);
			
			//オブジェクト2
			var materials2:MaterialsList = new MaterialsList
			({
				all : new GouraudMaterial(pointLight, 0xFF9900, 0x642800)
			});
			cube2 = new Cube(materials2, 300, 200, 100);//Cube生成
			cube2.x = -250;
			obj3D.addChild(cube2);
			
			//イベント
			stage.addEventListener(Event.ENTER_FRAME, onEnterFrameListener);
		}
		/*============================================================
		レンダリング
		============================================================*/
		function onEnterFrameListener(event:Event):void
		{
			var mousePos:Point = new Point(stage.mouseX, stage.mouseY);//マウスカーソルの位置を取得
			mousePos.offset( -stage.stageWidth / 2, -stage.stageHeight / 2); //ステージの中心に座標をオフセット
			obj3D.rotationX += mousePos.y / 20;
			obj3D.rotationY += mousePos.x / 20;
			renderer.renderScene(scene, camera, viewport);//レンダリング
		}
	}
}

この記事をブックマークしておく

コメント:0

コメント投稿

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

この情報を記憶する

トップ > Papervision3D 2.0 > Papervision3D 2.0 でオブジェクトにライトを当ててみる(PointLight3D)

記事検索
カテゴリ
RSSフィード

このページの先頭へ戻る