トップ > Adobe AIR > AIR 1.5

AIR 1.5 アーカイブ

AIR アプリでカスタムクロール(透明)の時にウインドウ(オブジェクト)をドラッグさせる

今回は軽めの内容。 AIR でウインドウスタイルを「カスタムスクロール(透明)」に設定すると、背景を透過させることができるので、自由なデザインの形でアプリケーションを生成できるのが魅力。 ただ、そうなるとウインドウタイトルなども表示されなくなるため、ドラッグでウインドウの移動を行うことができない。 その辺の処理は自分で行う必要がありそうだ。 ドラッグ処理は簡単。ベースとなるオブジェクトにインスタン...

続きを読む

AIR でタスクに常駐させメニュー処理を行う & Mac OS X でもそれっぽく対応させてみる

今回は実際に動作処理を加えながらタスク常駐とタスクトレイメニュー動作のサンプルを作成してみた。動作の実施ポイントはこんな感じ。 起動時にメインウインドウを非表示する タスクトレイアイコンを左クリックでウインドウを表示・非表示させる(Windows のみ) タスクトレイメニューからウインドウを表示・非表示させる└この時にメニューの名称も切り替える タスクトレイアイコンを AIR アプリで設定したもの...

続きを読む

Adobe AIR でタスクトレイにアイコンとメニューを表示させる

やっぱりデスクトップアプリケーションといえば、タスクトレイの常駐だよね(違うかも… Adobe AIR でもちゃんとタスクトレイの機能は揃っているようだ。 それならと、早速、タスクトレイに何か表示させてみようとサンプルを作成してみた。 サンプルソース package { import flash.display.*; import flash.events.*; import flash.g...

続きを読む

[超・超・超・基本] Flash CS4 からの Adobe AIR パブリッシュ方法

ちょっと何気に Adobe AIR ってどんなんだ?と思って簡単なものを作成してみようかなと試してみたのがだ、意外と AIR ファイルを書き出すまでの手順が慣れないものだったので手順を整理して残しておこうと思う。 ちなみに今回は、Flash CS4 での AIR 作成手順。 あとホントに図形がポンとステージ置いてあるだけのまったく役立たない AIR のため内容はあまり期待しない方が良い。ただのパブ...

続きを読む

トップ > Adobe AIR > AIR 1.5

記事検索
カテゴリ
RSSフィード

このページの先頭へ戻る