トップ > Flash | Action Script 3.0 > FIVe3D

FIVe3D アーカイブ

FIVe3D Sprite2D の活用法

FIVe3D は通常 Sprite3D や Graphics3D などを主に利用するのが一般的かなと思う。 個人的に少し気になったクラスが Sprite2D 。 3D ライブラリなのに、なぜ 2D ? ちょっと疑問に思ったりしない? さらに、これも個人的なんだが、3D オブジェクトと言っても形を変形して欲しくない時が時折あるんだよね。 実は、Sprite2D クラスを利用することで、この 2 つの...

続きを読む

FIVe3D viewDistance の不思議

FIVe3D の Scene3D に「viewDistance」というプロパティがある。いわゆる視点側のZ値の最大値みたいなもの?もしくは、透視投影の処理に関係するもの? viewDistance の初期値はおそらく1000で設定してあると思うのだけども、この値をちょこちょこと触っていたら、不思議な現象が発生した。 で、結果、FIVe3D は視点の後ろ側にある場合も描画してしまうような気がする。バ...

続きを読む

FIVe3D + Tweener で簡単3Dモーション

AS3の3Dライブラリは数多くあるけども、とりあえず触ってみようと思ったのが「FIVe3D」。 「PaperVision3D」も気になる存在ではあるが、今のところ、ここまで本格的な3Dを扱う予定はない。まずは簡単に簡易的にさくっと導入できる「FIVe3D」を触ってみようと思う。さらについでなんで「Tweener」を利用してオブジェクトをアニメーションさせてみる。 サンプル マウスをクリックするとオ...

続きを読む

トップ > Flash | Action Script 3.0 > FIVe3D

記事検索
カテゴリ
RSSフィード

このページの先頭へ戻る